加圧トレーニング

アンチエイジングで紫外線対策とは

アンチエイジングケアで大事なことは、まず紫外線対策を行う事です。
紫外線は肌が黒くなるだけではなく、メラニン色素を作り出しシミの原因になりますし、コラーゲンを傷つけてしまい肌の弾力を保てなくなりしわやたるみの原因となります。
夏しか日焼け止めを使用していないという方や日焼け止めに記載されているSPF表示やPA+表示を理解せずに使っている方が実は以外と多いのです。

紫外線は夏だけではなく年間通して浴びていますのできちんとした対策をしておかないと数年後には対策している方と大きく差がでます。
アンチエイジングケアを行う上で必須ともいえる紫外線対策をここで改めて見直す必要があります。
SPFはサン・プロテクション・ファクターの略で、紫外線B波であるUVBをカットする力を示しています。

20分の間に何もつけていないと比べて日焼けが開始されるまでの時間をどれだけ伸ばすことができるかという目安になります。
20分×SPF値=日焼けが抑制できる時間ということになるのです。
UVBは皮膚がんの原因となる紫外線でシミやそばかすの原因にもなります。

次にPA+ですがこれはプロテクション・グレイド・オブ・UVAの略で紫外線A波であるUVAの防止効果を表しています。
「+」から「++++」までの4段階に分かれています。
皮膚を黒くするだけでなく、しわやたるみの原因となるのがUVAなのです。

このように分かれていますので山や海な日差しの強い場所へ行く時と普段のちょっとした外出用を使い分けて使用すると良いでしょう。
値が高くなれば、それだけ肌への負担もかかりますので毎日高い値のものを使用することはおすすめできません。
アンチエイジングを本当に考えるのであれば種類を使い分け、こまめに塗りなおすのがベストと言えます。

このページの先頭へ