加圧トレーニング

アンチエイジングの肌再生作用成分とは

年齢を重ねていくと肌も老化によりハリがなくなりシワが目立つようになってきます。
表皮のターンオーバーの働きが遅くなりコラーゲン、エラスチンをはじめヒアルロン酸なども疲労していくことが原因とされて真皮層が薄くなってしまうのです。
このような状況を少しでも遅らせるためには繊維芽細胞を活性化させることが重要になります。

この繊維芽細胞の活性化に有効な成分としてはビタミンC、レチノイン酸、レチノール、イソフラボンなどがあります。
肌に浸透したビタミンCには真皮層の繊維芽細胞を活性化し、シワ予防に有効とされアンチエイジング効果と美白作用や抗酸化作用があります。
ビタミンAでもあるレチノールは、肌にぬることで一部がレチノイン酸に変化し細胞の増殖を促し表皮の厚みを増やす作用がありますがその効果はレチノイン酸と比べると非常に低くなります。

イソフラボンは女性ホルモンのような作用があり真皮層のコラーゲン代謝を向上させ肌のハリを持たせる作用があります。
そしてこれら以上に肌再生作用に非常に優れているのがレチノイン酸なのです。
レチノイン酸は肌の表皮細胞分裂を早め、ターンオーバーを促します。
また、表皮の厚みを増し、角質層を薄くしていき肌を再生するのです。
すぐにでも使用したい成分ですが、日本では非常に肌への負担が大きいことから専門医で下での使用しか認められていませんので注意が必要です。

このページの先頭へ